研究紹介

ブロック共重合体や界面活性剤など、分子内に相反する化学成分を持つソフトマテリアルは凝集状態におかれると、自己集合(自己組織化)してナノメートルオーダーの規則的なナノ相分離構造(ミクロ相分離構造とも呼ばれる)をとることがしられています、そして各々の階層で多くの機能を発現するため、ナノテクノロジーの担い手の一つと目されています。 「松下研究室」では、ブロック共重合体やグラフト共重合体、それに末端官能基を持つ異種高分子から作られる複合超分子が生み出す多様なモルフォロジーの分子オーダーでの制御法とそれらの未来工学材料への道筋を研究しています。

新着情報